番組審議会

第187回 課題番組 「ギラギラ」

1.開催年月日

平成20年10月27日(月)  午後2時~3時

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  11名
出席委員数 7名

■出席
【委員長】土山秀夫
平野 陽子/中牟田 真一/森 信正/田中 直英/草野 幸子/中村 大介
■欠席
【副委員長】澤山俊雄
遠田 公夫/田中丸 道子/谷川 喜一

4.議題

1.

新番組「ギラギラ」(毎週金曜午後9時~同9時54分放送)

2.

質疑応答

5.議事概要

①.

課題番組 「ギラギラ」

②.

次回の188回放送番組審議会の日時と議題は次のとおり。
平成20年11月25日(火) 午後2時から
課題番組
「報道発 ドキュメンタリ宣言」(11月3日スタート毎週月曜午後7時~同7時54分放送)

6.課題番組「ギラギラ」の審議内容について

 漫画が原作だが、展開が早く主人公もはまり役。
 ストーリーとしては先が読める内容で、意外性にやや乏しい。
 ホストの世界への知識は少なく、内容も面白いが、お客に若い人が多いのは、現実的にどうなのか疑問に思った。
 職業差別はいけないが、ホストの世界を9時帯で流すのは、倫理的にどうかとも。内容的には良く描かれている。
 ホスト業界を正面から取り組んだテレビ朝日としては思い切った番組。筋書きは原作の漫画の域を出ていないとの印象。
 最初はつまらないドラマと思ったが、佐々木の主人公抜てきは味があり、人間の2面性をうまく描いている。

以上