番組審議会

第216回 課題番組 「テレメンタリーあの日、原子野を飛んだ~元特攻隊員の遺言~」

1.開催年月日

平成23年9月26日(月)午後2時から同3時半まで

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  10名
出席委員数 10名

■出席
【委員長】 土山 秀夫
【副委員長】 澤山 俊雄

【委員】   平野 陽子/遠田 公夫/田中丸道子/中牟田真一/草野 幸子/中村 大介/本田 時夫/高橋 町彰/

4.議題

1.

 課題番組テレメンタリー「あの日、原子野を飛んだ~元特攻隊員の遺言」について
(8月16日午前2時25分放送)

2.

次回、第217回放送番組審議会は10月24日午後2時から。
課題番組「平成ながさき瓦版」
(毎週木曜午後6時55分~同7時00分放送)

5.課題番組テレメンタリー「あの日、原子野を飛んだ~元特攻隊員の遺言~」についての審議内容

 被爆による生存者が少なくなる中、記録性としても貴重だ。
 重いテーマだが長崎からの発信に意義がある。
 入市被爆に該当するのか考えさせられた。
 事実に淡々と迫り、記録性が高い内容。
 軍の指揮官が被爆地上空の飛行を命じるのは常識的に考えにくい。
いろんな問題を提起してくれた番組。
 隊員の被爆者手帳申請却下の理由をもっと掘り下げるべきだ。
 手帳取得までのフォローも必要ではないか。
 認定への支援も含め今後の検証が重要になる。

以上