• ホーム
  •  > 会社概要
  •  > 番組審議会
  •  > 第230回 課題番組 「テレメンタリ―「カクレキリシタンの里 禁教から400年、守り続けたオラショは今」」

番組審議会

第230回 課題番組 「テレメンタリ―「カクレキリシタンの里 禁教から400年、守り続けたオラショは今」」

1.開催年月日

平成25年2月25日(月)午後2時から同3時半まで

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  9名
出席委員数 6名

■出席
【委員長】澤山 俊雄
【副委員長】平野 陽子
【委員】遠田 公夫/田中丸道子/中牟田真一/草野 幸子

4.議題

1.

 課題番組 テレメンタリ―「カクレキリシタンの里 禁教から400年、守り続けたオラショは今」について
(1月22日午前1時51分~同2時21分放送)

2.

 次回の第231回放送番組審議会は3月25日午後2時から。
課題番組「スーパーJチャンネルながさき」
(毎週月曜から金曜午後6時25分~同55分放送)

5.課題番組 テレメンタリ―「カクレキリシタンの里 禁教から400年、守り続けたオラショは今」についての審議内容

 宗教の自由の中、今でも”カクレ”と呼ばれることに神秘性を感じる。
 迫害の歴史や3派に分かれた事実を知ることができ、考えさせられる場面が多々あった。
 3派に分かれた経緯がよく分かり、キリシタンの複雑な思いを垣間見ることができた。
 信仰心の厚さや歴史の重みを知ることができ、新たな驚きも感じた。
 内容はよくまとまっていたが、なぜカトリックに戻らないのか、その理由をもっと掘り下げてほしかった。

以上