• ホーム
  •  > 会社概要
  •  > 番組審議会
  •  > 第242回 課題番組 「新編成による昼間のベルト番組(ワイド!スクランブル、徹子の部屋、上沼恵美子のおしゃべりクッキング、ワイド!スクランブル・第2部)」

番組審議会

第242回 課題番組 「新編成による昼間のベルト番組(ワイド!スクランブル、徹子の部屋、上沼恵美子のおしゃべりクッキング、ワイド!スクランブル・第2部)」

1.開催年月日

平成26年4月21日(月)午後2時から同3時半まで

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  10名
出席委員数 8名

■出席
■出席
【委員長】澤山 俊雄
【副委員長】平野 陽子
【委員】遠田 公夫/田中丸道子/中牟田真一/草野 幸子/小島達也/宮田 隆

4.議題

1.

課題番組「新編成による昼間のベルト番組(ワイド!スクランブル、徹子の部屋、上沼恵美子のおしゃべりクッキング、ワイド!スクランブル・第2部)」について
(毎週月曜から金曜日午前11時30分~午後1時5分放送)

2.

次回の第243回放送番組審議会は5月26日午後2時から。
課題番組 「カルルスの桜咲く~長崎近代化の道~」
(4月12日午後2時~同30分放送)

5.課題番組「新編成による昼間のベルト番組」についての審議内容

 番組間のつながり感を出そうとしているのは見て取れる。
 ニュースの説明や解説で用いるパネル表示は見やすく、分かりやすい。
 年配者をターゲットに、他局とは違う思い切った番組構成だ。
 「ニュースきょうイチ」は担当者がはつらつとしており、共感を呼ぶ。
 上沼さんの庶民感覚のトークはさすがだ。
 昼はニュースを見たいという時間帯。新しい試みで、試行錯誤の段階だろうが番組間のつながりがない。
 同じニュースの繰り返しや、ニュースを挟んで番組が目まぐるしく変わるため、見るのに疲れる。
 24年ぶりに復帰した橋本大二郎キャスターは以前のような存在感がない。これから調子が出てくるのではと期待したい。
 改編の意図が視聴者に伝わるのは時間が必要だろう。
 スクランブルの1部と2部のすみ分けが分かりにくい。
※当番組審議会に対して、2013年10月~2014年3月(対象期間は各月の第3週)の「番組種別ごとの放送時間量・CM放送時間量」「番組種別を表示した2014年4月の週間番組表」を報告した。

以上