ニュースNEWS

海きららのイルカ もうすぐママに

2018年09月14日

九十九島水族館海きららのイルカは今月下旬に出産を控えています。初めての出産にイルカもスタッフもドキドキです。海きららの2頭のハンドウイルカニーハとナミは去年9月と11月に人工授精を受けました。妊娠期間は1年間、9月ごろに妊娠したニーハはいつ生まれてもおかしくない状態です。毎週エコー検査をしてスタッフもお腹の中の赤ちゃんの成長を見守っています。胎子の体長もすでに1メートルを超えているとみられます。妊婦としても日々成長しているニーハ。出産の兆候を見るための体温測定やエコー検査も慣れたものです。初めての出産や育児に向けてスタッフも一緒に準備中です。生まれたあとの育児がうまくいくように5月ごろから授乳の練習を重ねています。イルカは泳ぎながら授乳するため赤ちゃんの口に見立てたスポンジをお腹にあて、同じペースで泳ぐ練習です。水中では子育ての動画を見せてイメージトレーニングにも余念がありません。国内で人工授精から出産に成功したのは3例のみ、海きららにとっては未知の挑戦です。出産はニーハは今月下旬、ナミは11月の下旬と見られています。かわいい赤ちゃんの誕生はもうすぐ。海きらら発の赤ちゃん誕生に向け、気が抜けない日が続きます。海きららのホームページや公式ツイッターではイルカの妊娠日記を配信中です。2頭やスタッフの様子をぜひチェックしてみてください。