ニュースNEWS

大麻密売か 会社員ら5人逮捕

2018年07月11日

県警は大麻の密売グループとして県内に住む会社員ら5人を逮捕しました。大麻取締法違反の疑いで逮捕された佐々町口石免の自称会社員の鷲澤聡容疑者(32)ら4人は、今年6月、営利目的で乾燥大麻を所持していた疑いが持たれています。また、佐世保市俵町の飲食店経営、山口太郎容疑者(32)は、グループの1人から乾燥大麻を譲り受けた疑いです。警察によりますと鷲澤容疑者の密売に関してグループに近い人物から情報提供があったということです。警察は、乾燥大麻約43グラムを(末端価格25万8000円相当)押収しています。押収した資料などから警察はグループが大麻を売って金銭を得ていたとみて入手先などを調べています。