ニュースNEWS

梅ヶ枝酒造で春の蔵開き

2018年02月10日

佐世保市の梅ヶ枝酒造で春の蔵開きがあり、雨にもかかわらず多くの人でにぎわいました。
蔵開きは日本酒の仕込みの最盛期に合わせて毎年この時期に開かれています。梅ヶ枝酒造は江戸時代の1787年に創業した老舗の酒蔵で、日本酒や焼酎など約60種類の商品を作っています。10日は県内外から多くの人が訪れ、酒を仕込んでいる蔵の見学のほか、できたばかりの新酒の振る舞い酒を楽しみました。訪れた人は、「最高です。人がいっぱいいて皆でワイワイお酒飲んでるところが楽しいです」「もうずっと10年くらい来ています。蔵開きはいいですね、振る舞い酒がおいしくて」と話していました。梅が枝酒造の蔵開きは、11日(日)も午前10時から午後3時まで開かれます。