ニュースNEWS

佐世保で救命士が医師の指示受けず投薬

2018年02月09日

佐世保市消防局は東消防署の救急救命士のチームが搬送中、医師の指示を受けずに医療行為を行ったと発表しました。チームは3人組で先月29日、心肺停止状態の男性(30代)を救急搬送した際、医師に電話した女性救命士(30代)が投薬の指示を受けたと勘違いし投薬しました。また搬送中も医師への連絡を忘れ、別の男性救命士(30代)が投薬しました。搬送者は快方に向かっていますが消防局は救急救命士法違反に触れる可能性があるとして処分を検討しています。