ニュースNEWS

もうすぐランフェス 恋のお守りを祈願

2018年02月06日

長崎ランタンフェスティバルの開幕まであと10日。祭り期間中、恋の願いを込めてオブジェに結ぶ「縁結びのお守り」の祈願が行われました。中国の縁結びの神様「月下老人」男女の縁組帳を持っていて運命の2人の足首を赤い糸で結ぶと言われています。今年はリニューアルして去年よりちょっぴりスリムになって髪を整えました。長崎市の唐寺・崇福寺では住職とロマン長崎の清竹史苑さん(23)が月下老人にあやかった縁結びのお守りを祈願しました。お守りには中に、赤い糸が2本入っています。1本は「月下老人」の横のひもに願いをこめて結びつけ、もう1本は「縁結びのお守り」として身につけます。去年は1万人以上の人が購入したという大人気の長崎ランタンフェスティバル特製「赤い糸のお守り」は今月16日(金)から祭り最終日の来月4日(日)まで浜屋百貨店前で100円で販売します。