ニュースNEWS

県内で雪 7日にかけ警戒を

2018年02月06日

非常に強い寒気の影響で県内は断続的に雪が降っています。九州北部地方には氷点下12度以下の強い寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が続いています。6日朝の最低気温は長崎がマイナス1.3℃、佐世保がマイナス1.2℃と各地で平年を5℃前後下回りました。積雪は福江空港で15センチ、三井楽で7センチを観測しています。7日の明け方までに降る雪の量は南部の山地と五島で10センチ、南部と北部の平地で3センチの予想で、南部と五島は7日明け方にかけて大雪の恐れがあります。交通機関は高速道路の鳥栖ジャンクション付近が通行止めとなった影響で長崎と福岡、熊本、大分、宮崎を結ぶ高速バスなどが運行を見合わせています。空の便はオリエンタルエアブリッジの壱岐や福江便など(6便)が欠航したほか海の便は九州商船の有川と佐世保を結ぶ便にしけによる欠航が出ています。気象台は大雪や路面の凍結による交通障害、農作物の管理や水道管の凍結などに注意を呼び掛けています。