ニュースNEWS

香川の鳥インフル感染確認で緊急対策会議

2018年01月12日

11日香川県の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの感染が確認されたことを受け、県は緊急の対策会議を開きました。
感染力の強い高病原性の鳥インフルエンザは、10日香川県さぬき市の養鶏場で55羽が死んでいるのが見つかり、11日遺伝子検査で全国の家畜では今シーズン初めての感染が確認されました。この養鶏場と周辺の養鶏場でおよそ9万1000羽の殺処分が始まっています。これを受けて県は、緊急の対策会議を開き、出席した養鶏団体など関係者らに国内や隣国の感染状況などを説明し、改めて鶏舎周辺の衛生管理や野生動物の侵入対策の徹底を求めました。
県農林部の加藤兼仁部長は「鳥インフルエンザのウイルスは、もう国内に入っているものという危機感のもと対応をお願いしたいと思います」と話しました。県は県内18の農場で毎月ウイルス検査を実施しているほか、発生リスクが高まる10月から5月の間にほか30カ所の農場でそれぞれ1回検査をしていますが、現在のところ感染は確認されていません。県内では2016年12月、諫早湾干拓堤防の北部排水門付近で野生のハヤブサの死骸から高病原性のウイルス感染が確認されていますが、家畜での感染は起きていません。