ニュースNEWS

長崎市で住宅火災 焼け跡から遺体

2017年12月27日

長崎市で木造住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。この家に住む高齢の夫婦とみられます。
27日午前1時半ごろ、長崎市琴海大平町で近くの住民から「隣の家が燃えている」と消防に通報がありました。消防車8台が駆けつけ火は約3時間後に消し止められました。消防によりますと、木造平屋の住宅1棟182平方メートルが全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかりました。この家に住む伊藤敏男さん(84)、妻の慶子さん(83)と連絡がとれないことから、警察は遺体は伊藤さん夫婦と見て身元の確認を急いでいます。