ニュースNEWS

長崎市の住宅密集地で住宅1棟全焼 1人が死亡

2017年12月14日

13日夜、長崎市で住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。13日午後8時半ごろ、長崎市高平町の石田正則さん(68)の住宅から火が出ているのを近くの住民が発見し、警察に通報しました。火は約4時間後に消し止められましたが木造2階建ての住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。石田さんの母親(93)は施設に入所中で現在、この家では石田さんが1人で暮らしていたということです。警察は遺体は石田さんの可能性が高いとみて身元の確認を急いでいます。