ニュースNEWS

回転電機技能競技会を長崎市で開催

2017年12月08日

日本のものづくり産業を支える若者を育てようと電機メーカー5社が技術を競う大会を長崎市で開きました。大会は「東芝三菱電機産業システム」や「日立製作所」など5社が毎年、合同で開いているものです。今年で9回目で25歳までの男性20人が参加しました。大会では発電機などで使われる接続用部品の製作や組み立ての技術を競います。中には100分の1ミリの精度が求められる作業もあります。会場は各社持ち回りで長崎市で開かれたのは2012年以来、2回目だということです。