ニュースNEWS

純心女子学園 創立記念感謝ミサ

2017年12月07日

12月8日で創立82年を迎える純心女子学園の生徒たちが、創立を記念し祈りを捧げました。
純心女子学園では、毎年創立記念日に系列の中学から大学の生徒がカトリック浦上教会でミサを行います。朝8時半に始まった中高生779人によるミサでは、パイプオルガンの演奏にあわせ聖歌を響かせました。純心女子学園は1935年、日本人として初めて司教になった早坂久之助司教が、「純にして美しく清い心」を学園の心とし建学しました。宗教改革から500年を迎える今年、生徒らは違いを認め多様性を受け入れる思いを一つにし、祈りを捧げました。