ニュースNEWS

第44回長崎県少年武道大会

2017年12月03日

長崎市で小・中学生の武道大会があり、子どもたちが日ごろ鍛えた技を競いました。
子どもたちの健全な育成を目的に始まったこの大会は今年で44回目の歴史ある大会です。柔道と剣道に、離島を含む県内各地から158チーム、1000人あまりの小中学生が参加しました。柔道中学生の部に出場した五島鍛心会Bは、団体戦のメンバー全員が女子生徒という珍しいチームです。五島鍛心会Bの大将中村詩夏選手(中1)は、「女子でも男子に負けないように頑張ります」と意気込みを語りました。五島鍛心会Bは惜しくも1回戦で敗れましたが男子にも負けない気迫を見せていました。