ニュースNEWS

秋田に漂着の8人を長崎に移送

2017年12月02日

秋田県の海岸に木造船で漂着した北朝鮮から来たとみられる男性8人が帰国に向けて長崎の施設に移送されました。先月23日、秋田県の海岸に木造船が漂着し男性8人が保護されました。男性らは「北朝鮮から漁に出たが、船が故障して約1か月間漂流していた」と話し帰国を希望していました。警察が8人の身元や船が漂着した経緯などを調べ説明に間違いがないと判断したことを受け入国管理局が帰国に向けた手続きをとったとみられます。8人はけさ、保護されていた警察署を出発し仙台空港から海上保安庁のプロペラ機で長崎に向かいました。そして午後3時ごろ長崎空港に到着し大村市の入国管理施設に移送されました。今後、第三国を経由して北朝鮮に帰国するとみられます。