ニュースNEWS

鉄建が新長崎駅のデザイン案を提示

2017年11月14日

2022年に開業を予定している九州新幹線長崎ルート。JRの新しい長崎駅のデザイン案が示されました。新しいJR長崎駅は、現在の駅舎の西側に建設が予定されています新しい駅舎のデザイン案は、去年7月に県と市が鉄道・運輸機構に提出した要望書を基に設計されました。テーマは、「長崎の新たな玄関口~長崎らしさを体現できる駅舎~」です。線路は南北に走り、ホームは高架上に作られます。ホームの屋根は海側に盛りがった構造で、壁面にはガラススクリーンを設置し、駅舎前に作られる広場から発着する新幹線の様子を眺めることができます。柱には、レンガ調のタイルを使い、長崎らしさを表現しています。ホームは、フリーゲージトレインの発着を想定した長さになっていますが、今後、フル規格に変更された場合には、ホームを延長する見込みです。鉄道・運輸機構は、このデザイン案を基に県や市と協議しながら今年度中には、本格的な実施設計を作る予定です。