ニュースNEWS

「雲仙シーライナー」3日間限定復活

2017年10月13日

86年ぶりに長崎市と雲仙市を結ぶ航路が限定復活しました。
長崎市の茂木港と雲仙市の小浜港をつなぐ「雲仙シーライナー」。86年ぶりの第1便が小浜港に着くと、地元の高校生や婦人会のメンバーが温かく出迎えました。「雲仙シーライナー」は2022年に開通予定の九州新幹線長崎ルートを見据えた交通実証実験として13日(金)から15日(日)までの3日間限定で復活します。島原市観光連盟の岡野俊作事務局長は、「九州新幹線西九州ルートが開通しますので、長崎駅に降りたお客様がぜひ島原半島への交通ルートとしてご利用いただければと思っております」と話しました。「雲仙シーライナー」は片道1000円(税込み)、茂木と小浜の間を約50分で1日4往復します。