ニュースNEWS

衆院選公示 県内4選挙区に13人立候補

2017年10月10日

衆議院議員選挙が公示され県内4選挙区に13人が立候補しました。旧長崎市が選挙区の長崎1区に立候補したのは届け出順に自民党前職で医師の冨岡勉さん(69)、希望の党新人で元国会議員秘書の西岡秀子さん(53)、共産党新人で党県南部地区委員長の牧山隆さん(60)の3人です。長崎2区に立候補したのは共産党新人で元小学校教諭近藤一宇さん(68)、希望の党新人で元県議の山口初實さん(69)、自民党前職で3期目を目指す加藤寛治さん(71)の3人です。長崎3区には希望の党新人で元県議の末次精一さん(54)、共産党新人で政党役員の石丸完治さん(68)、自民党前職で6期目を目指す谷川弥一さん(76)、日本維新の会の新人で会社員口石竜三さん(48)の4人が立候補しました。長崎4区は今回から選挙区に西海市が加わりました。自民党前職北村誠吾さん(70)、希望の党元職宮島大典さん(54)、共産党新人石川悟さん(65)の3人が立候補しました。