ニュースNEWS

秋の九州高校野球 県代表は創成館と長商

2017年10月09日

来年春の「選抜甲子園」出場の選考資料となる秋の九州高校野球。その九州大会への2つの切符をかけた熱い戦いが繰り広げられました。準決勝第一試合は強豪校を倒して勝ち上がってきた「長崎南山」と去年の夏の覇者「長崎商業」の一戦。1対1で迎えた6回、長崎商業は1アウト満塁のチャンスでピッチャー桝屋。落ち着いてスクイズを決め逆転に成功。西口監督も「メンタルが強い」と話す1年生エースの桝屋が投げては今大会最多得点の南山打線を4安打1失点に抑える好投。長崎商業が3季ぶり13回目となる九州大会の切符をつかみ取りました。創成館と海星の準決勝第二試合は、初回から創成館打線が猛攻を仕掛けます。2アウト1、2塁で5番松浪。さらに7番川原。打線がつながり、初回に一挙3得点を奪い主導権を握ります。海星は5回、エラーが絡んで2アウト3塁と反撃のチャンスをつくると7番方尺。チーム初ヒットはタイムリーとなり、2点差に迫ります。しかし海星打線の前にこの男が立ちはだかります。創成館エースの川原がキレのあるストレートとスライダーで9回途中までに10三振。創成館が6季ぶり10回目の九州大会出場です。そして8日の決勝戦では創成館が長崎商業に4対3で勝利し6季ぶり5回目の優勝を果たしました。決勝戦を戦った2校が出場する九州大会は21日に宮崎で開幕します。組み合わせ抽選会は今月12日です。