ニュースNEWS

「出島橋と表門橋」展示会開催中

2017年09月14日

11月に完成予定の出島表門橋の歴史を知る展示会が開かれています。今年2月、中島川に130年ぶりにかけられた出島表門橋は長崎市が新たな観光の目玉にしようと4億9000万円をかけて建造しています。その歴史を振り返る企画展「出島橋と表門橋」が長崎市の出島「筆者蘭人部屋」で開かれています。出島の門番が残した当時の日誌や江戸町の紋章が記された出土品の食器など貴重な資料が並びます。オランダの医師と外交官だったボードイン兄弟が撮影した古写真20点も展示されていて出島から見た当時の江戸町の町並みがうかがえます。企画展は10月15日(日)までです。出島表門橋は今後、橋の接続部分や公園周辺の工事を行い、11月24日に完成記念式典を迎える予定です。