ニュースNEWS

敬老の日に向け特殊詐欺被害防止キャンペーン

2017年09月13日

18日は敬老の日です。大切な財産を守るためこんなプレゼントはいかがでしょうか。「この通話は迷惑電話防止のために録音されます」「還付金があるからATMへ」。「有料サイトの未納料金がある」。これらは詐欺のキーワードです。県警は敬老の日を前にJR長崎駅のかもめ広場で特殊詐欺被害防止のキャンペーンを行いました。被害の防止に有効なのが防犯機能付き電話。県警と県は被害に遭った人を中心に防犯メッセージが流れる録音装置を配っていて、家電量販店などでも購入できます。今年、県内では先月までに去年の同じ時期より6件多い73件の特殊詐欺が発生しています。うち42件は高齢者が被害に遭っていて被害額は去年より5350万円多い約1億3345万円にのぼっています。