ニュースNEWS

梅雨に雨降らず 農家からは悲鳴も

2017年06月19日

梅雨入りから2週間。県内は雨の少ない状態が続き農家からは「田植えができない」という悲鳴もあがっています。佐世保市の田んぼ。例年この時期は田植えを終えていますが、今年は準備すらできない状態といいます。田んぼは干上がり、至るところで地割れが発生。これまで経験したことのない雨の少なさに不安は募るばかりです。JAの育苗センターには約2割の農家が田植えができないためまだ苗を取りに来ていないそうです。