ニュースNEWS

長崎市職員が盗撮容疑で逮捕

2017年05月17日

長崎市の職員が女子大学生のスカートの中を盗撮したとして県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されました。逮捕されたのは長崎市の企画財政部世界遺産推進室の職員で諌早市多良見町に住む森川健吾容疑者31歳です。諌早署によりますと森川容疑者(31)は17日午前7時半すぎ諌早市多良見町市布駅の階段で長崎市に住む19歳の女子大学生のスカートの中をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。目撃者が「女性のスカートの中に手を差し出している人がいる」と110番通報し、駆け付けた警察官が現行犯逮捕しました。調べに対し森川容疑者は「盗撮したことは間違いありません」と容疑を認めています。森川容疑者は6年前の2011年に長崎市役所に入り、現在は企画財政部世界遺産推進室で世界遺産に関する業務をしていました。長崎市では昨年度までの5年間(2012~2016年度)で3人の職員が盗撮(4件)による懲戒処分を受けています。