ニュースNEWS

平和宣言の起草委員会が初会合開く

2017年05月13日

被爆から72年となる今年は何を訴えるのか。13日平和宣言文の起草委員会が初会合を開きました。起草委員会は平和祈念式典で田上長崎市長が読み上げる平和宣言文を作成するため被爆者や専門家らに意見を聞くものです。委員からは「国連で開かれる核兵器禁止条約の制定交渉に参加するよう政府に強く求めるべき」といった意見が出ました。会合後に田上市長は「日本政府が会議に参加しリーダーシップを発揮すべきということはこれまでも申し上げてきているので全体の中でそういうことも入ってくるだろう」と話しました。また安倍総理が改正に取り組む姿勢を示した憲法9条については「憲法の平和主義の考え方は平和宣言の1つの柱としてこれまでも取り上げているので取り上げることになるのではないか」と話しました。次回の会合は来月3日です。