ニュースNEWS

県内12日夜遅くにかけ非常に激しい雨の恐れ

2017年05月12日

県内で崖崩れも起きています。今夜遅くにかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがあります。佐世保市では昼前、1時間に27.5ミリの強い雨が降り、赤崎町の県道ののり面ではがけ崩れが起きました。けがをした人はいません。12日は西から低気圧や前線が近づき、大気の状態が非常に不安定になっています。五島市福江ではけさ、5月の観測史上最大となる1時間に52.5ミリの非常に激しい雨が降りました。降り始めから12日夕方までの雨量は五島市で130ミリを超えているほか新上五島町で約90ミリ、長崎市と佐世保市で約70ミリに達しています。長崎地方気象台は今夜遅くにかけて長崎南部と五島で1時間に70ミリ、北部で50ミリ、壱岐・対馬で40ミリの雨が降る恐れがあるとして土砂災害や河川の増水、氾濫に警戒するよう呼び掛けています。