ニュースNEWS

共謀罪 本格審議入りで署名運動

2017年04月20日

犯罪を計画した段階で処罰するいわゆる「共謀罪」の審議が19日国会で本格的に始まったことを受け長崎市で市民団体が法案に反対する署名を集めました。署名運動をしたのは「戦争への道を許さない!ながさき1001人委員会」のメンバー約20人です。「まだ罪を犯していない人を裁くのは基本的人権や言論の自由に反する」などとして共謀罪への反対を呼び掛けました。国会ではきのう、「共謀罪」の趣旨を含んだ「組織犯罪処罰法」改正案の審議が本格的に始まりました。政府は3年後の東京オリンピックに向けテロ対策を強化するために改正が必要としています。集めた署名は全国の団体の署名と合わせ政府に送ります。