ニュースNEWS

長崎市浦上浄水場に車が転落

2017年04月18日

17日夜、長崎市で車が道路から約10メートル下の浄水場の池に転落する事故がありました。幸い運転手の命に別状はなく、給水への影響もありません。17日午後10時前、時津町役場に勤める29歳の男性職員が自家用車で帰宅途中、長崎市昭和3丁目の道路から約10メートル下の浦上浄水場に転落しました。男性は自力で脱出し、救急搬送されました。打撲程度の軽傷で命に別状はありません。車は不純物を沈殿させている「沈殿池」に落ちて油が流出、三つある「沈殿池」のうち一つが使えなくなりました。このため市の上下水道局は手熊浄水場からの送水を増やしました。市民への給水に影響はないということです。事故の影響で女の都と川平・三川方面を結ぶ市道昭和高田郷線の一部が未明から8時間半にわたって通行止めとなりました。