ニュースNEWS

「コスタネオロマンチカ」長崎に初入港

2017年04月18日

今年も去年に続いてクルーズ客船の県内への寄港が過去最多を更新し、観光の活性化も期待されます。18日は長崎初寄港のクルーズ船がやって来ました。午前9時。長崎に初めて寄港した「コスタ・ネオロマンチカ」。総トン数は5万6769トン。全長約220メートルです。16日に台湾を出て長崎と鹿児島に寄港し、台湾に戻る6日間のクルーズです。乗客は台湾人を中心に1441人。乗客は、グラバー園や平和公園、浜町など長崎市内を中心に回る班とハウステンボスに行く班などに分かれて観光しました。今年、長崎に寄港するクルーズ客船は過去最も多くなる見通しで過去最も多かった去年の197隻の約1.5倍の300隻が寄港する予定です。長崎市によりますと入港する船の9割が中国人を乗せた客船で中国のクルーズ市場の拡大が入港数の増加に大きく貢献しています。