ニュースNEWS

長崎市長銃撃事件から10年 発生時刻に追悼

2017年04月18日

伊藤一長前長崎市長が殺害されて10年となった17日、事件現場では関係者が黙祷を捧げました。17日午後7時52分、事件の発生時刻に合わせ、伊藤前長崎市長の関係者ら約60人が事件現場を訪れました。伊藤前市長は2007年4月17日、4期目を目指した選挙期間中に長崎市の事務所前で元暴力団幹部の男に拳銃で撃たれ殺害されました。伊藤前市長の後援会関係者らでつくる偲鳥会の田川安浩会長(81)は「心の中では消えません」と語りました。また、伊藤前市長の妻は、遺品が展示されている立命館大学国際平和ミュージアムに「あれから10年、時は流れても私の心の奥底には大きな穴があいたままです」とコメントを寄せています。