ニュースNEWS

自民党県連 次期幹事長に坂本智徳氏内定

2017年04月17日

自民党県連の次の幹事長に対馬市区選出の坂本智徳・県議会議員(63)が内定しました。15日に開かれた定期大会準備委員会で立候補のあった2人のうち出席者20人が投票で坂本氏を選びました。幹事長の人事で投票が行われるのはここ20年では初めてということです。県連会長には長崎2区選出の加藤寛治衆議院議員(70)、総務会長には平戸市区選出の西川克己県議(69)、政調会長には諌早市区選出の中村和弥県議(56)が選ばれています。来月14日(日)の定期大会で正式決定します。