ニュースNEWS

熊本地震から1年 県内でも犠牲者を追悼

2017年04月14日

南島原でも最大震度5強を記録した熊本地震から1年です。県内でも犠牲者に黙とうがささげられました。長崎市役所では防災無線で市民に犠牲者を悼む黙とうを呼び掛けました。長崎市防災危機管理室の岡本和幸主幹は「今後さらに地震災害を含めてあらゆる危機時を想定して市民のみなさんと行政が一体となって地域防災力の向上につとめていきたい」と語りました。長崎市の友愛富士見町保育園でも園児がサイレンに合わせ黙とうをしました。これまで自分たちで作ったクッキーを売り、募金を募るなど地震について学んできたそうです。去年4月の熊本地震では熊本・大分両県で225人(関連死含む)が亡くなり、現在も約5万人がが避難生活を送っています。