• ホーム
  •  > 会社概要
  •  > 番組審議会
  •  > 第265回 課題番組「トコサタ~NCC夏まつりスペシャル~」「GO!GO!NCCハッピーまつり2016~番組大集合スペシャル~」

番組審議会

第265回 課題番組「トコサタ~NCC夏まつりスペシャル~」「GO!GO!NCCハッピーまつり2016~番組大集合スペシャル~」

1.開催年月日

平成28年9月26日(月) 午後2時から同3時35分まで

2.開催場所

長崎文化放送 5F会議室

3.委員の出席

委員総数  10名
出席委員数 7名

■出席
【委員長】澤山 俊雄
【副委員長】平野 陽子
【委員】遠田 公夫/草野 幸子/中牟田 真一/宮田 隆/飯田 満治

4.議題

1.

課題番組「トコサタ~NCC夏まつりスペシャル~」(8月20日午前9時30分~同11時15分放送)
「GO!GO!NCCハッピーまつり2016~番組大集合スペシャル~」(8月21日午後12時~同12時55分放送)
について

2.

次回の第266回放送番組審議会は平成28年10月24日午後2時から。
課題番組は「Nagasaki器めぐり~器に恋するイマドキ女子」(9月22日午後2時~同2時54分放送)

5.課題番組「トコサタ~NCC夏まつりスペシャル~」
「GO!GO!NCCハッピーまつり2016~番組大集合スペシャル~」についての審議内容

企画が盛りだくさんで、画面的に楽しめるものもあり、NCCとKBCの番組対決などはおもしろかった。
手作りのイベント感、主催者側の一生懸命さは伝わってきた。VTRで流れた『トコサタ』の
 「ながさき自慢の旅」など見ごたえのあるコーナーもあり、会場や内容、事前のPRを含めて見直しを進め、
 夏の風物詩になるようなイベントに育ててほしい。
『トコハピ』『トコサタ』の出演者のスタジオとは違ったユーモラスな一面やチャーミングな
 表情を見ることができた。
イベントや番組進行の台本が十分練られておらず、出演者だけがはしゃいでいる感じがした。
 ステージ上の会話も音声が重なり聞き取りづらかった。
番組ではステージや各コーナーの紹介が中心で、来場者が楽しんでいる様子が画面から伝わらず、
 盛り上がりに欠けていた。せっかくの生中継であり、視聴者に「行って見ようか」と思わせるような
 工夫がほしかった。

以上